給排水管の更生工事を行う「P・C・Gテクニカ」が、お客様からのよくあるご質問をご紹介します。

よくあるご質問

更生工事Q&A

ビルやマンションにおける給水管排水管更生工事は、普段目にする機会のない配管を対象としています。そのため、お客様にとってわかりにくい部分も多いかもしれません。このページでは、給水管・排水管の更生工事を行う「P・C・Gテクニカ」によく寄せられるお客様からのご質問と、その答えをQ&A形式でご紹介します。

これらのほかにもご不明な点がありましたら、お電話(0120-014-834・052-804-0081)やお問い合わせフォームにてお気軽におたずねください。

お客様からのよくあるご質問

配管の寿命はどれくらいですか?

配管の素材によって大きく違ってきます。国土交通省の発行したマンション再生マニュアルによると、材質ごとの配管の寿命は水道用亜鉛メッキ鋼管が15年から20年程度、硬質塩ビ管が30年程度、排水用鋳鉄管が30年から40年程度、硬質塩ビライニング鋼管は、防蝕継手なしで20年から25年程度、管端コア処理で25年から30年程度です。

当社独自工法では非常に耐久性の高い素材を用いるため、40年程度使用可能で、20年の長期保証をおつけしています。

なぜ他社と施工方法や使用材料が違うのですか?
安全性と耐久性を重視し、独自開発の工法で質の高い材料を使った施工を行っているためです。とくにFRP工法のライニングに用いる芯材は、アクリルの数倍の強度があり、防弾チョッキにも使用されるハイテク複合繊維です。最重要補強箇所である枝管分岐部にもFRP仕上げを施すことで、20年という長期保証を実現しています。
建築工事や室内作業は必要ですか?
いいえ、当社は枝管切断がほとんど必要ない工法を採用しており、本管内からロボットによって施工するため建築工事は必要ありません。わずらわしい室内工事が不要で、居住者の方にも負担がかからない工法をご提案しています。
ライニング材と管の間にすき間などはできませんか?
ご安心ください。当社のライニング工法なら、すき間は一切できません。当社の工法は、ライニング材の自重による影響を減らし、空洞ができないようにするため、下階から上階に向かってパイプを挿入する手法を用いています。また、真空脱泡処理と厚み調整が同時にできる最新鋭のエポキシ含浸機を使用しており、手作業で含浸させるのに比べ、均一な品質の確保が可能です。
ライニング材はどのように硬化処理するのですか?
加熱プラントで温めた温水を循環させ、均等に硬化させる手法を用いています。これによりm配管の高低差や長さにかかわらず、配管全体を同時に硬化でき、熱の効果によってさらに高品質のライニング管となります。
本管のライニング層と枝管のライニング層の継ぎ目から
漏水しませんか?
継ぎ目から漏水する心配はありません。当社ではロボット施工により、専用のつばつきライナーを本管から枝管に挿入し、FRP施工を行います。継ぎ目部分はライニング層が2重になるよう成形するため、十分な耐久性を確保可能。手作業でライニング材を塗布する工法と異なり、芯材が入っているので高い強度が得られます。
以前施工してもらった箇所に、2度目のライニングは可能ですか?
また、他工法による施工不良に対する施工は可能ですか?
はい、排水本管の場合、再ライニングが可能です。他工法で施工された物件に施工し、再生した実績もあります。給水管もご相談ください。
屋外埋設管の更生も可能ですか?

はい、可能です。以前は建物内の排水管更生のご依頼が中心でしたが、FRPライニングの特性が評価され、近年では屋外埋設管の施工依頼も増えています。築28年のマンション(186戸)における屋外ヒューム管や、同じく築28年のマンション(270戸)の屋外汚水ヒューム管内部をはじめ、多数の施工実績があります。

東日本大震災で液状化被害の大きかった千葉県浦安市のマンション(481戸)では、全長約4,500mの施工を行いました。

室内の専有部配管は、通常どのように施工しますか?
室内は配管が細かく、分岐部が多いためロボットが入りません。そこで、同じく当社独自工法で、給排水管にパラシュートのように空気の流れる機材を入れてエポキシ樹脂をコーティングする「パラシュートライニング」によって施工します。審査証明(0403‐B号)を取得した排水管更生技術なので、ご安心ください。
専有部配管の、FRPライニングによる更生工事は可能ですか?
はい、可能です。当社では「専有部の配管にもFRPライニングを」とご要望をいただいた場合、分岐部を開口・切断する工法をご提案しており、本工事に先立ってテスト施工を行っています。お気軽にご相談ください。
マンション以外の建物で、壁を傷つけることなく壁の中に入っているルーフドレン(雨どい)を更生できますか?
はい、おまかせください。昭和6年に竣工された歴史的建造物「近三ビルヂング」をはじめ、原子力発電所や官公庁の建物など、多様な建築物のルーフドレン更生工事を施工した実績があります。
集合式の排水管も施工可能ですか?

はい、可能です。当社では集合管式排水管用の独自工法「P・C・GタービンZ更生工法」を開発しました。集合継手の羽根の裏側まで完璧にクリーニングしたうえで、1mmから2mmの厚さのインナーパイプによってライニング加工を施します。

耐蝕制の高い樹脂製の集合継手にはライニングの必要がありませんので、継手をのぞき、パイプのみのライニングも可能です。

ライニング施工後の定期洗浄は、
知り合いの業者に頼んでもよいですか?
はい、これまで通り管理会社様や洗浄業者様に依頼されて構いません。その場合でも、当社施工の更生工事に関しては、業界最長の10年保証をおつけします。ただし、ワイヤーブレードホースではなく、高圧洗浄ホースの表面に樹脂加工が施されたJETホースをご使用ください。
排水管更生について詳しく知っておきたいのですが、
説明会を開いてもらえますか?

はい、もちろんです。人数の大小にかかわらず、工法説明会や改修相談会は無料で承ります。お気軽にご相談ください。

住民の方への説明会も承っているほか、当社の工法について詳しく解説したDVDや排水管改修に関する書籍もご用意しております。全国の書店にて発売しており、管理組合様には無料で進呈いたします。

マンションの排水管洗浄を行う業者です。
排水管更生に事業として携わることはできますか?

はい、当社では創業50周年を記念し、新たに「営業特約店」制度を設けました。ご紹介いただいたマンションから更生工事を受注した場合、紹介料をお支払いする制度です。排水管洗浄業者様であれば、加盟金1万円、年会費5万円で「営業特約店」にご加盟いただけます。

築年数の経過したマンションで、丁寧に作業を進めていても洗浄作業中漏水事故が起こった場合は、提案のチャンスともなります。工事後の排水管洗浄は、これまで通り行っていただけるのでご安心ください。詳しくはお気軽にお問い合わせください。「施工も行いたい」という業者様のために、レンタル制の施工代理店制度もご用意しております。

トピックス

  • 施工の流れ
  • 設備・機材の紹介
  • 工法のご紹介
  • 施工事例・お客様の声

Contact us

資料請求・見積依頼などのお問い合わせは0120-014-834営業時間/AM 9:00~PM6:00 (月~金)メールでのお問い合せ

Topicsトピックス

  • 施工の流れ
  • よくあるご質問
  • 設備・機材のご紹介