施工の流れTopics

わずらわしい室内工事なしで1日施工も可能!

わずらわしい室内工事なしで1日施工も可能!

P・C・Gの場合は中間階部の縦管切断と全ての枝管切断工事が不要のため、わずらわしい室内工事が有りません!6階までのマンションなら一日施工、6階以上12階までのマンションなら2日施工も可能です。居住者の方に一番ご負担のかからない工法をご提案しております。

施工完了までの流れ

事前調査・説明会(前日までに実施します)

施工前に現地へお伺いし事前調査を行います。ご用命いただければ人数の大小に関わらず工法説明会、改修相談会を無料で開催致します。管理組合や修繕委員会、居住者の方などにご納得いただいた形で施工させていただきます。

8:30準備作業

汚れやキズがつかないよう、ナイロンシートで養生します。必要に応じて設備を改良して研磨剤や樹脂などの投入口を作ります。

9:30洗浄
超高圧ジェット洗浄により本管・枝管の汚れを洗浄します。
11:30FRPライニング
「耐久性抜群のFRPライニング」を行います。クラックや穴の開いた老朽管も再生する事ができる理想のライニングです。ライニング層の厚み4~10倍、特殊繊維の入った芯材と樹脂のFRP構造なので耐久性は10倍以上(協会比)。
12:30枝管分岐部の加工
管内カメラで確認して分岐部枝削孔とライニング加工します。作業についてはお客様にもモニターで確認していただけます。
13:30パラシュートライニング
P・C・Gテクニカが特許を取得したマルチライナー工法「パラシュートライニング」を行います。
専有部分の排水管は共有部分のものと比べて細く作られているためパラシュートと一緒に「ライニングボール」というボールを通してライニングを行います。
14:30乾燥
ライニング加工した給水管・排水管を乾燥させます。
15:00検査
ライニング加工が完全に乾燥しているかを測定します。その後TVモニター映像を確認し、本管・枝管の検査を行います。
16:00復旧・通水検査
検査に問題がなければ、設備を撤去します。各排水管の通水テストを行い、水漏れなどがないかを確認。通水テストで問題がなければ養生を撤去して作業終了です。
17:30作業終了・アフターフォロー
業界初の20年保証をお付けしてます。何かあった際は遠慮なくご連絡ください。

tel:0120014834

資料請求/お見積り
お問い合わせはコチラ