工法のご紹介Case

P・C・Gテクニカの工法一覧

P・C・Gテクニカの工法一覧

名古屋など東海エリアや首都圏はもちろん、全国ネットワークで給水管・排水管の更生工事を手がける「株式会社P・C・Gテクニカ」が当社開発の特許工法をご紹介します。クラックや穴の開いた老朽管も再生できる「FRPライニング」をはじめ「マルチライナー工法(パラシュートライニング)」「タービンZ更生工法」「VacL(バックル)工法」「オゾンX(クロス)JP工法」などP・C・Gテクニカならではの優れた独自工法にご注目ください。

共有部縦管・横主管、枝管分岐部、埋設管更生

P・C・G FRP サポーター工法(FRP耐震ライニング)

メイン写真 ※一覧ページに表示されます

排水管/専有管・室内管更生(一部集合管)

マルチライナー工法(パラシュートライニング)

メイン写真 ※一覧ページに表示されます

集合管・集合継手更生

タービンZ更生工法

メイン写真 ※一覧ページに表示されます

給水管ライニング

VacL(バックル)工法

メイン写真 ※一覧ページに表示されます

給水管オゾン殺菌JET&PIG洗浄システム

オゾンX(クロス)JP工法

メイン写真 ※一覧ページに表示されます

圧倒的優位! 他工法と比較してください

メリット1
業界初の20年保証!
ライナー主材に強靱なハイテク複合繊維(FRP)を使用することで、業界初となる20年もの長期保証を可能にしています。この素材には優れた耐久性があり、経年劣化も少ないため最長40年間の使用に耐えられます。
メリット2
高品質なのに短工期!
更生工事では、取替工事のように配管を切断するといった工程が大幅に省け、枝管切断も必要ありません。枝管分岐部については、ハイテクを応用したロボットで施工を行うことで短工期でありながら高い施工品質をお約束できます。
メリット3
高性能機材を駆使!
P・C・Gテクニカの給水管・排水管更生工事には、超強力吸引車、高圧洗浄車などの特殊車両に加え、排水管を効果的に蘇生させる専用の研磨機材、配管内部の状況を遠隔で確認できる内視鏡など、高性能機材を惜しみなく投入。これらも施工品質の向上、短工期化に貢献しています。
メリット4
生活者への配慮も万全!
ビル・マンションの給水管・排水管更生工事を行うにあたっては、テナント様、ご入居者様への配慮が何より欠かせません。P・C・Gテクニカでは、工事中の安全確保はもちろんのこと、生活上の注意事項や工事に関する諸情報をタイムリーにアナウンスし、皆様にご不便のないよう心がけています。
メリット5
調査費用無料!
P・C・Gテクニカでは、給水管・排水管の劣化診断など事前調査にかかる費用は一切いただきません。また、当社では施工に際し、事前に長期修繕計画を立案し、万全のサポート体制を整備したうえで、更生工事に着手しますので安心です。
当社独自工法と他社の工法の比較表

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  FRP
ライニング
パラシュート 他社
反転工法
他社
塗布工法
配管替え
特許 2件あり あり あり なし -
審査証明 あり あり あり あり -
保証期間 20年※ 10年 10年 2~10年 2年
耐久性 40年 20年 - - 15~30年
工期 1~2日 1日 1~3日 1日 長期間
強度 ×
耐震性 ×
信頼度
価格 ×
資産価値 ×
露出の場合
ハツリ・振動 ×
埋設管
(外部腐蝕)
×
配管補強 ×
対象 老朽管 × ×
良好な管
分岐管加工 建築工事 不要 不要 必要 不要 必要
管切断 不要 不要 必要 不要 必要
穴あけ ロボット施工 不要 必要 不要 -
ライニング
加工
ロボット施工 パラシュート・
ボール
手塗 気流 -
ライニング
硬化処理
温水熱硬化 自然硬化 温風 温風 -
ライナー主材 ハイテク
複合繊維
- ポリエステル
繊維
- -
ライニング材 エポキシ樹脂 エポキシ樹脂 エポキシ樹脂 エポキシ樹脂
ビニル
エステル
-